リフト 写真 東京 バレエ http テレビ 資金 ゲーム オープン 製造" />
So-net無料ブログ作成

よみうりランドが新エリア「グッジョバ!!」に100億円投入・チケットも値上げで入園者数は伸びるかの?


老舗の遊園地「よみうりランド」


よみうりランドは東京都稲城市と神奈川県川崎市多摩区にまたがる敷地をもつ、郊外型の遊園地。

開園は1964年にさかのぼります。

かつては「水中バレエ劇場」や、園内を一周する「よみうりランドモノレール」などが人気でしたが、現在では営業を終了してしまった施設も・・・


近年ではイルミネーションが人気で、入園者数も増加傾向とのことですが、今回の新エリア「グッジョバ!!」のオープンに合わせて、チケットは値上げとのことです。


今回の新エリア「グッジョバ!!」のオープンには、100億円もの資金を投入しているそうです。


「グッジョバ!!」の人気で、チケット値上げを跳ね返すだけの入園者を集めることができるのでしょか・・・



スポンサードリンク






よみうりランドの新エリア「グッジョバ!!」・モノづくり体験とワークショップの内容は?



よみうりランドの新エリア「グッジョバ!!」のオープンは、2016年3月18日 金曜日です。


もとは遊園地の駐車場であった園入口付近の敷地、約24,000㎡に、4つの「工場」を新設。

このエリアに15もの新アトラクションを設置します。

4つの「工場」ではワークショップを通じて、高度成長期の日本の「モノづくり」体験ができるとのことです。

分野は、「車」「食品」「ファッション」「文具」の4つとなっています。

・・・警備のために、もう1つの「パトロール」があるようですが・・・

各々の分野でアトラクションを提供している企業は、日産自動車、日清食品、ワールド、島精機製作所、コクヨ・・・パトロールでは綜合警備保障が監修しています。

「工場」とはいっても、よみうりランドですから、そこはやはり「遊園地」


食品やファッションなどの各工場内では、製造工程を辿る乗り物に乗ったり、車や文具の工場では屋外型の電動ゴーカートや文房具をモチーフにしたゲームが楽しめたりと、多彩な内容になっているようです。


体験型、ワークショップとはいえ、やはり「よみうりランド」らしい、ジェットコースター並みの激しさも備えているようですね。

職業体験型の施設「キッザニア」などとは、一線を画すようです。



スポンサードリンク






100億円投入でチケット値上げ・よみうりランドの「グッジョバ!!」の成否は如何に



2016年3月18日にオープンする「グッジョバ!!」

これまでにない、新しい形のアトラクションであることは間違いないでしょう。

従来の遊園地とは異なり、参加感があって能動的に学べる、競える、新しいエンターテインメント性を追求しているとのこと。

確かに、日本初となるスパイラル型ジェットコースターや次世代型の電動ゴーカート、映像ゲーム付きのボートライドなど、注目のアトラクションが数多く登場します。

日産自動車が提供する「CAR Factory」では、高さ4mにもなる全自動変形ロボットが登場するなど、話題性も豊富です。

ただ、「グッジョバ!!」のオープンと同時に、チケットの値上げも決まっています。


現在、よみうりランドのワンデーパスは、大人1名で4,000円です。

これが、3月18日からは5400円になります。

・・・35%もの大幅値上げですね・・・

「グッジョバ!!」の先進性が人気を集めるか、値上げで客足が遠のいてしまうのか・・・

100億円を賭けた「よみうりランド」の今後に注目です。



ここまでお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。