栄養 日本生命 ドライブ 東京 テレビ サポート オープン 地上波 メッセージ https" />
So-net無料ブログ作成

世界卓球2016、日本女子がドイツと対戦・伊藤美誠、浜本由惟ら若手の活躍で突破なるか!?


2016年2月28日から、「2016年世界卓球選手権クアラルンプール大会」が開催されています。


マレーシアのマラワティスタジアムを舞台に、熱戦が繰り広げられていますね。

国際卓球連盟の主催による世界卓球選手権大会は、オリンピックとならぶ卓球界で最高峰の大会。

開催年によって、団体戦と個人戦を交互に開催しています。

今年2016年は「団体戦」の年となっています。

注目はやはり「女子団体戦」

怪我で調整していた福原愛選手が復活し、キャプテンを務めています。

そして注目は、14歳の中学生選手、伊藤美誠選手と、17歳の高校生選手、浜本由惟選手。

今やベテランとなった福原愛選手を中心に、若い選手が快進撃しています。


これまで4戦4勝の日本ですが、今夜の相手はヨーロッパの強豪「ドイツ」です。

若い選手たちの結束力で、ドイツのパワーに打ち勝てるか?

・・・注目です(^^)



スポンサードリンク






4連勝と快進撃の卓球日本女子・安定の福原愛、石川佳純、若宮三紗子



世界卓球2016の日本女子チームですが、今回は若いメンバーとなっていますね。

メンバーを確認しておきましょう。

〇 福原 愛  選手


ANA所属の27歳・世界ランクは4位

〇 石川 佳純  選手


全農所属の24歳・世界ランクは5位

〇 若宮 三紗子  選手


日本生命所属の26歳・世界ランクは24位

〇 浜本 由惟  選手


大原学園/JOCエリートアカデミー所属の17歳・世界ランクは48位

〇 伊藤 美誠  選手


昇陽中学校/スターツSC所属の14歳・世界ランクは24位

・・・若いですね~、日本卓球女子チーム。

世界卓球団体戦は、5人の選手しか代表に選ばれません。

まさに「日本代表」です。

個人戦とは違い、一致団結の姿勢が問われます。


責任感やプレッシャーも相当のものだと想いますが、若いメンバーに揃えて、団結感を強化しているようにも想えますね。

当然ながら、次期オリンピックを視野に入れているでしょうから、伊藤美誠選手や浜本由惟選手など、若い戦力が経験を積むにも良い機会となるのではないでしょうか。



スポンサードリンク






ヨーロッパの強豪「ドイツ」のパワープレイに日本女子がどう臨むか?



現在、卓球日本女子の世界ランクは2位。

対するドイツチームは7位です。

過去の5大会においての対戦成績は日本の2勝0敗。

当然、各大会で代表メンバーが違いますから、一概にランクだけでは判断できません。

しかも、今大会のドイツチームには、男子顔負けの鋭いドライブを武器とするゾルヤ選手が登場します。


ゾルヤ選手は、昨年10月のワールドカップで福原愛選手を下して3位に入賞。

昨年3月のITTFワールドツアーでは、石川佳純選手をも下しています。

カットマン型のイバンチャン選手や、ドライブ型のヴィンター選手、ジルベライゼン選手など、強者たちが控えています。

そんなドイツチームのエース、ゾルヤ選手ですが、実は伊藤美誠選手が今年1月に、ドイツオープンで破っているのです。


若い選手こそ、ミラクルを起こす可能性を秘めていますからね(^^)

一気にペースを掴んで、勝利を手にしてほしいと想います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。