お祝い スイーツ パーティー 社会人 ミルク 菓子 ボックス 中国 寿司 美味しい" />
So-net無料ブログ作成

3月3日は「ひな祭り&桃の節句」由来と2016年人気のレシピを調べてみた


今日は3月1日。

もう三月です・・・時の経つのは早いものです。

身体が老いていくのも早いものです・・・

さて、3月といえば「春」ですね。


受験生にとっては、いずれかの結果が出て、新たな「出発」をする時期でもあります。

社会人の皆さま(私もですが)は、いよいよ迎えた「年度末」ですね。

何かと忙しい時期の到来ですよ・・・

「もう3月かぁ~」と嘆く気持ち、よくわかります(笑)

でも、この2016年の3月は、まずは楽しくスタートしたいところです。

もうすぐ3月3日を迎えますよね?


・・・そうです、「ひな祭り」がやってきます。

まずは「ミク」さんにアレンジバージョンを唄っていただきました。

「ひな祭り」といいますと、女の子のための行事だと想いがちなのですが、由来を調べてみると一概にそうとも言えないようですよ。

折角の行事ですから、美味しい「ひな祭りレシピ」を工夫して、みんなで楽しんではいかがでしょうか?





スポンサードリンク






3月3日「ひな祭り・桃の節句」女の子のためだけではなかった?



「ひな祭り」「桃の節句」とよばれる3月3日

女の子の健やかな成長を願い、美しいひな人形を飾ってお祝いする日本の春の伝統行事。


もともとは、邪気が入りやすい季節に「穢れ」を祓うための儀式であったそうです。

日本のひな祭りのルーツは、3世紀前後の古代中国にありました。

季節の変わり目、邪気が入りやすいと考えられ3月最初の「巳の日」(上巳)に、水辺で禊を行ったり、盃を水に流して詩歌を読む「曲水の宴」を行う風習があったそうです。


こうした古代中国の風習が、やがて日本に伝わり、禊の「神事」と結びつきました。

平安時代には宮中行事として、川のほとりに男女が集まり、災厄を祓う「上巳の祓い」として催されました。

草木や紙などで作られた人形(ひとがた)で自分の身体を撫でて穢れを祓い、川や海に流すようになったのです。


「流し雛」は、現在でも日本各地で行われている行事ですよね。

宮中行事であった「上巳の祓い」は、やがて時を経て、武家社会へと拡がっていきました。

室町時代の頃になり、日付が変わらないように「3月3日」と決められたようです。

「上巳の祓い」が、華やかな女性のための「祭り」となったのは、戦国の時代を経たのち、江戸時代からだそうです。


・・・以外に最近でしたね・・・

徳川幕府により、「五節句」として定められました。

「五節句」とは、「人日の節句(1月7日)」「上巳の節句(3月3日)」「端午の節句(5月5日)」「七夕の節句(7月7日)」「重陽の節句(9月9日)」となります。

「端午の節句」が男の子の節句として祝われるようになったのを受けて、3月3日は女の子のための節句として定着したそうです。



スポンサードリンク






「ひな祭り」には何を食べる?3月3日、「桃の節句」に楽しみたいレシピ



もともと宮中行事であった「ひな祭り」

「上巳の祓い」ですから、登場人物となる人形達や、菱餅をはじめとした行事食にも重要な意味があります。


・・・でも、長くなってしまうので、今回は割愛を・・・

別の機会にさせていただきますね・・・

で、ですよ、「ひな祭り」のレシピですね(^^)

お菓子的な?ものですと、今でも「雛あられ」や「甘酒」は定番です。

でも、あくまでも「菓子」的なものになってしまいます。

家族やグループで楽しむには、お料理をしっかり準備したいですよね?

割合と定番化しているのは「ちらし寿司」でしょうか。


「ちらし寿司」と「ひな祭り」のいわれはないようですが、祝いの席にふさわしい華やかさが人気を呼び、ひな祭りの定番メニューとなっているようです。

レシピとしては、やはり縁起を担ぎたいところですね。


海老(長生き)、れんこん(見通し)、豆(健康)などを具材に取り入れたいところです。

そして、スイーツも必要でしょうか?

ケーキであれば、とりあえず「年中行事」に対応できてしまうのが今の日本。


・・・安易ですね・・・

でも、やっぱりそうなってしまうのですよね。

バレンタインにしても、正月ケーキにしても、「ひな祭りケーキ」も同じです・・・

「内裏雛」に見立てたイチゴなどを飾り付けて、春にふさわしくフルーツを多めにトッピングしたケーキなどは好まれているようです。


なんでも「お祭り」にしてしまうのが、今の「日本」

良し悪し、賛否両論あるとは想いますが、まずは「楽しみましょう」

大切な人と、家族と、季節ごとの行事を意識して、それをきっかけに一緒に過ごすことは大事だと想いませんか?

何かと生活に変化が生まれてくるこの時期です。

貴重な時間を大切に過ごしたいですからね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。





スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。