WiFi 誕生日 カレンダー 川越 可愛い イコール 素晴らしき カフェ 地図" />
So-net無料ブログ作成

4年に一度の「うるう年」・グレゴリオ暦の2月29日、太陽暦の仕組みが細かすぎる件


今日は2016年2月29日です。

・・・2月29日・・・?

そう、今年は「うるう年」でしたね。

2月29日生まれの誕生日の皆さま、おめでとうございます(^^)


こんな時間になって気付きました・・・

そういう私も2月生まれなのですが(笑)

この「うるう年」は4年に一度の特別な日。

暦の仕組みで調整が必要なため、「うるう秒」「うるう時間」などなど・・・

日本が太陽暦である「グレゴリオ暦」を導入したのは、明治5年12月2日。

「1日でなくて、2日・・・?」と想う方もいらっしゃいますよね。

太陽暦である「グレゴリオ暦」の導入するために、それまでの暦を調整する必要があったからなのですが、これがなかなか「ややこしい」

大まかに調べてみました。



スポンサードリンク






現在の暦は「グレゴリオ暦」・太陽暦の仕組みは?



現在私たちが日々の生活リズムの基本として使用している「カレンダー」

これは「グレゴリオ暦」とよばれます。

グレゴリオ暦は「太陽暦」の一つです。

・・・すでに「ややこしい」ですね。

地球が太陽の周りを回る周期を基にして作られた暦です。

1年の日数を、太陽の1年に可能な限り近づけて作られている暦になります。

なので、世界的にみても、多くの地域で使われている暦は「グレゴリオ暦」になります。

では、太陽の1年とは何か?

こちらは「太陽年」というそうですが、太陽が黄道上の分点と至点から出て、再び各点に戻ってくるまでの周期となります。

分点は、「春分」「秋分」

至点は、「夏至」「冬至」

この周期のことを「太陽年」と呼びます。

1太陽年は、およそ 365.242189日 となるそうです。

・・・さっそく細かい数字が出てきました・・・

割り切れない数字とかって、嫌じゃないですか?

どこかで帳尻を合わせないと、カレンダーなんて作れません・・・

太陽年にあわせてさだめられている「太陽年」

その太陽年のなかの「グレゴリオ暦」なので、上に書きました「端数」が影響してくるわけですね。

グレゴリオ暦では、400年間のうちに97回の「うるう日」を設けるよう定められています。


1年間の日数の平均は、365.2425日

時間でみると、365日と5時間49分12秒・・・だそうです。

あくまで「平均」です。

太陽と地球との関係という、宇宙規模でのことですから、平均の太陽年が一定ではないそうです。

宇宙にある様々な惑星から受ける引力の影響で、地球自体の公転軌道上の歳差が生じており、実際には少しずつ短くなっているのが現実のようです。


いずれにしても、地球の一年間は 365日5時間49分12秒。

あくまでも「今現在」ですけれど。

この 5時間49分12秒を調整しないと、「1日は24時間」「1年は365日」というカレンダーがずれてしまいます。

そのために、グレゴリオ暦では「うるう日」が設けられているのですね。

でも、これだけではなく、グレゴリオ暦にはもっと細かな決まり事がいろいろあります。

「グレゴリオ暦」そのものがさだめられた1582年を基準にして計算していくと、2016年の現在よりもっと先、未来のカレンダーも調整が多々必要となることがわかっているそうです。

ユリウス暦.png

 こうゆうの、得意な方いらっしゃいますか・・・?

調べても解説がわからんし(笑)



スポンサードリンク






とっても貴重な「2月29日」・グレゴリオ暦の「誕生日」



細かい計算は専門の方々にお任せして・・・

毎年決まって「365日」と決めてしまえば、残りの「5時間49分12秒」がずれてしまいます。

カレンダー、暦と季節が少しずつずれてしまうわけです。

3月、4月は春、桜の季節が、少しずつずれてしまえば、季節感もなにも無くなってしまいますね。

そこで、「うるう年」の登場となるのです。

ザックリと知られているのが、4年に一度「366日」の年を設定するのですね。

でも、「5時間49分12秒」を合わせるのですから、1日単位で4年に一度くらいでは、帳尻なんてつきません。

ときどき「うるう秒」なんていうのもありますね。

それでも、なかなか合わせていくのは大変です、やっぱり。

なにせ、相手は「宇宙規模」の動きです。

太陽だけでなく、太陽系の兄弟惑星たちにとどまらず、宇宙空間そのものが未だ解明されていないのですから。

「空間の歪み」などという研究も始まっていますが、それもまた新たな不思議への扉です。

未来の事はわからないのですが、遠いいつの日か、グレゴリオ暦のルールも変わっていかざるを得ない日がくるかもしれませんね。


「過去」と「未来」とか、時間や空間の「パラドックス」とか・・・

こうゆう話は大好きなのですが、相反する怖さも感じられるのですよ・・・

とりあえず?4年に一度の「うるう年」

そして、イコール「オリンピック」の年。

・・・また自分なりに咀嚼して、書いてみたいと想います。

とりあえず、今日はここまで・・・

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。





スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。