パナソニック デパート 杉並 東京 テレビ キャノン 小売 セントラル ニュース 比較" />
So-net無料ブログ作成

電力自由化とは?仕組みを抑えてプランの選択に備えよう


2016年4月1日、電気の小売業への参入が全面自由化されます。

私たちの家庭や商店をはじめ全ての消費者は、電力会社はもちろん、その電力料金メニュー、プランを自由に選択できるようになります。

最近、現在の電力供給会社である「東京電力」「関西電力」などから、ポツポツとお知らせが来ていませんか?


私自身、テレビやニュースを観ていないのでよくわからなかったのですが・・・

4月1日から、電力自由化が始まると聞いて、「どうすれば良いの?」となりました・・・

私が暮らしているエリアは「東京電力」なのですが、先月あたりから、「電力自由化」「料金プランの選択」などといった文言を目にするようになりました。

何もしなくても、突然電気が止められるようなことはないそうですので安心しましたが、料金プランがいろいろとあるようで。

見ていても、正直「わからない」んですよね~。

なので、電力自由化の仕組みや、新しくなる料金プランについておさらいしてみたいと想います。



スポンサードリンク






4月からの「電力自由化」・電気の小売自由化の仕組みで消費者はお得になるのか?



電力の小売自由化そのものは、2000年3月から既に始まっていました。

ただ、これまでは工場や大口の消費者など限られた電力消費者に限られていました。

たとえば、大規模工場やデパート、オフィスビルなどは、当時参入した「新電力会社」から電気を購入できるようになっていたのですね。

その後の2004年4月、続いて2005年4月と、電気の小売自由化の対象は中小企業、中小ビルへと拡大してきました。


2016年4月1日から始まる「電力自由化」は、私たちのような家庭や商店など、「低圧電力」区分が対象となります。

これにより、電力の小売について完全に「全面自由化」されることになります。



電力小売り全面自由化、これからも変わらない「電力供給の仕組み」



電力小売全面自由化となる2016年4月1日。

この日まで、そしてこの日以降も、物理的な電力供給の仕組みそのものは変わりません。

電気を作るのは「発電所」

水力・火力・太陽光・風力・地熱など、様々な方法による発電が行なわれています。

・・・原子力も、いまだにありますが。


発電所で作られた電力は、送電線を通って「変電所」へ送られます。

変電所では、大規模工場向けの「高圧電力」から、家庭用電力である「低圧電力」まで、電力消費者へ電気を届けるネットワークとなる送電線や配電線などを管理しています。

停電を防ぎ、電気を安定的に供給できるよう調整する役割があるそうですね。

ここまでは、4月1日以降も変わりはありません。

電力自由化で、私たちに直接影響することになるのは、電力の「小売部門」


電力小売全面自由化によって、電力の「小売」部門で、新たに事業者が参入できるようになるわけです。

例えば、これまで「東京電力」から電気を買って使っていた私たちが、太陽光や風力などの再生可能エネルギーで発電を行っている別の会社から、電気を買うことができるようになります。



スポンサードリンク






電気料金の引き下げ効果はあるのか・電力自由化で得られるメリットとは?



2016年4月1日からの「電力自由化」

電力の小売部門が解放されることで、新たに多数の事業者が参入に名乗りを挙げています。

具体的にどんな企業が電気を売ろうとしているのか・・・

〇 ソフトバンクグループ
〇 楽天
〇 昭和シェル石油
〇 中央セントラルガス
〇 伊藤忠エネクス
〇 オリックス
〇 ミサワホーム
〇 ジェイコム
〇 パナソニック
〇 ワタミファーム&エナジー
〇 キャノンマーケティングジャパン

・・・他にもまだまだあります。

見覚えのある会社名がありますよね?

電気なのに、ガス会社や通信系、不動産など、これまでの私たちのイメージとはかけ離れた分野の会社が、今回の「電力自由化」に参入してきます。


なかなかイメージが掴みにくいのですが、例えば、普段私たちが買物をすることで例えてみましょう。

商品を製造しているメーカー、できた商品を運ぶ物流会社、商品を販売するお店、というように役割が分かれています。

その「お店」を、上に挙げた会社が新たに出店するというわけです。

新規事業に参入してきたんですね。

では、私たちはこれから電気を買うにあたって、どこから買えばよいのか?ってなります。

電気、電力という商品は、形がありません。

比較、差別化するには「価格」しかないですよね・・・

参入してくる企業は100社を超えるといわれていますので、各々の料金プランを含めたら、選び方も大変です。

あくまでも例えば、ですが・・・これまで「ガス」を供給していた会社であれば、電気とセットで割引となるプランもあるかもしれません。

インターネットのプロバイダーであれば、電気とセットでお得になるかもしれません。

・・・きりがないですけれど(笑)

いずれにしても、ゆっくりと比較・検討しないと決められないと想います。


焦らず、騙されないよう気を付けて、自分の生活スタイルに合った電気料金プランを選択したいところです。

これまで「電力」とは無関係と想われていた会社もありますから、しっかりと見極めていく必要がありそうですね。

私たち消費者は、情報に惑わされないよう、冷静に選択していきましょうね。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。





スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。