ウイルス 神奈川県 https 子供 休暇 関節 http 疲労 治療 ニュース" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

ジカ熱で国内初の感染者・蚊が媒介する症状は?妊娠中の感染で小頭症!?


2016年2月25日、厚生労働省はブラジルに滞在歴のある神奈川県在住の男性がジカ熱(ジカウイルス感染症)と診断されたことを発表しました。

ジカ熱は、主に蚊が媒体となって感染が広がる感染症です。


蚊が感染者のウイルスを含んだ血液を吸い、別の人を刺すことで感染が広がります。

アフリカ、中南米、アジア太平洋地域での発生が主ですが、近年は中南米とその周辺地域での流行が危惧されていました。

地域的には、日本国内で感染した例はありません。

しかし、海外のジカ熱流行地で感染し、帰国後に発症した例があるようです。

それでも、これまでに合わせて3例のみです。

今回の流行で、世界保健機関(WHO)が緊急事態宣言をしたのが、2016年2月1日。


緊急事態が宣言されてからの国内患者の確認は初めてとなるようです。

中南米で流行している「ジカ熱」

ジカ熱の症状そのものは、場合によっては気づかない程度のものだそうですが・・・

妊娠中の女性が感染すると、「小頭症」の子供が生まれる確率が高くなるといわれています。

しかし、症状もはっきりした情報がなく、有効なワクチンや治療薬もないのが現状とのこと。


蚊にさされただけと、軽くみるのは危険かもしれませんね・・・



スポンサードリンク






ジカ熱と小頭症・ギランバレー症候群も?妊婦さんは要注意



ジカ熱が何故ここまで注意されるようになったのか・・・

ジカ熱は、ジカウイルスの感染によって、発熱や発疹などを起こす感染症です。

アフリカ、中南米、アジア太平洋地域で、多くの患者が確認されています。

蚊を媒介しての感染症としては、「デング熱」と同様です。

ジカ熱に感染した時の症状は、風邪をひいた時のようなものが主で、予後は比較的良好な感染症とのことです。

軽度の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、斑丘疹、結膜炎、疲労感、倦怠感などなど。

しかし、妊娠中の女性が感染すると、話が変わってくるのですね・・・

妊婦、胎児とジカウイルス感染症の関係については、「小頭症」との関連性が指摘されています。


小頭症といっても、二種類の解釈があります。

〇 頭蓋骨の縫合が早期に完成するために頭が極端に小さいもの。
〇 脳の発育が遅いために脳体積が小さく、頭蓋腔の容積も拡大しないもの。

特に後者の場合、知能の発達遅延が顕著とのことです。

小頭症は、新生児の脳の発達不全につながる神経疾患ですから、深刻な発育障害が残ったり、幼少時に死亡することもあるようです。

ブラジルでは、妊娠中のジカウイルス感染と胎児の小頭症に関連があるとの発表をしていますし、米国では、流行国地域への妊婦の方の渡航を控えるように警告しています。

欧州疾病対策センターは、流行地域への妊婦及び妊娠予定の方の渡航を控えることを推奨しました。

そして2016年2月1日、WHOは緊急委員会を開催し、小頭症及びその他の神経障害の集団発生に関する「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態」を宣言しました。


世界的に、ジカ熱と小頭症との関連性が注視されています。

また、ジカ熱の流行時には「小頭症」だけでなく、「ギラン・バレー症候群」の症例増加も確認されているようです。



スポンサードリンク






日本でジカ熱は流行るのか?ジカ熱を媒介する「蚊」の種類は



アフリカ、中南米、アジア太平洋地域で、多くの患者が確認されている「ジカ熱」

この地域でジカウイルスを媒介しているのは、主にヤブカ属の「ネッタイシマカ」と「ヒトスジシマカ」


「ネッタイシマカ」は日本には常在していないので、こちらによる感染の可能性は低いと考えてよいでしょう。

しかし、「ヒトスジシマカ」は、皆さんおなじみの「シマカ」

日本のほぼ全地域にみられる、あの白黒の「蚊」です。


となると、流行地でジカウイルスに感染した人が、帰国後に国内で蚊に刺され、その蚊が他の方を刺した場合に、感染する可能性がありますね。

ただ、季節的には日本では冬の時期になりますから、蚊の活動性が低い状態となります。


感染が起きても、限定的なもので収まると考えられているようです。

・・・そうはいっても、やはり「小頭症」との関連が指摘されているとなれば心配です。

ワクチンは開発されていませんし、治療法もありません。

そもそも症状自体が普通?の風邪のようでは、気づかない可能性が高いですし・・・

そうなると、冬の時期とはいえ、蚊に刺されないように工夫するしかなさそうです。

「ヒトスジシマカ」は、早朝、日中、夕方、特に日没前後に活動が活発になる蚊です。

ヤブや木陰などで、よく見かけると想います。

・・・そういえば、2016年といえば、ブラジルでの「リオ五輪」がありました・・・


ブラジルへの渡航者が急増するとなれば、夏から秋にかけては日本国内でも感染対策が必要になるかもしれませんね・・・


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。