https 神奈川 土地 武蔵野 東京都 earth 東京 関東 家具 SNS" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

地鳴りが続く東京都心部・SNSでは「地震の前兆!?」


私自身は、都心部に住んでいるわけではないのですが・・・

たしかに、ここ最近は地震が多い気がします。

インターネットなど、SNSで話題になっているのは「地鳴り」


そんなPC画面を見かけたので、確認してみると・・・

Twitter などで、かなり話題になっていたのですね。

昨年2015年末あたりから、たしかに地震が増えているようにも感じます。


「地鳴り」を実感するまでには至ってはいませんが、関東周辺での地震回数も多いように想います。

「地鳴り」=地震 なのか!?

以前から危惧されている「東京直下型地震」の前触れ・・・?

気になりますね・・・



スポンサードリンク






地震の前兆?地鳴りの原因と感じ方は?



心配の声があがっている「地鳴り」

人によって感じ方は様々かと想います。

地鳴りの定義はどうなっているのでしょうか・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇 地震などで地盤が振動して鳴り響くこと、また、その音。

〇 地震の際に土地の振動が空気に伝播し、音響として聞こえるもの。地盤が堅固な岩盤から成っている土地でよく聞かれる。

〇 地震や火山活動に関連して、地面の短周期の振動が空気に伝わり、音として聞こえることがある。これを地鳴り、或いは鳴動という。大地震の前に、地震計では何も記録されていないのに地鳴りが聞こえたという報告があるが、おそらく通常の地震計では観測できないが、耳には聞こえる高周波の地震動が発生しているためと想われる。

〇 浅発地震や火山活動などに伴って地面の振動が空気中に伝わり、音となって聞こえること。また、その音、鳴動。

〇 地面の振動が低い音として聞こえる現象。身体に感じないほど小さい地震でも、音だけが聞こえることがある。これは地震の震源で発生した振動のうち、数十ヘルツ以上という周波数のものが地表に達して、空気中を伝わってくるものである。この帯域の周波数の振動は地下での減衰が大きいため、震度の浅い地震しか地鳴りを伴わない。また、地下構造や地形によって地鳴りの聞こえやすい所と、まったく聞こえない所とがある。大地震のときには各地で地鳴りを感じたという報告が多いが、これは建物や構造物が軋んだり、瓦や家具が揺れたりする音であることが多い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・いずれも地震に関連した解説でしたよね。

ということは、「地鳴り」=「地震発生」と捉えてもよいのではないでしょうか?


昨年2015年末から、今年2016年始めにかけての地鳴り騒ぎは、たしかに多数回の地震が発生していたと考えてもよいのだと想いますが・・・

ただ、現在までも「地鳴り」の話題が続いているということは、地震が起き続けているという事。


しかも、地鳴りの定義からみれば、震源の浅い地震が、東京都心部で起き続けているという事。

・・・地下で何かが起きている証拠になりますね。



スポンサードリンク






想定し、備えることで無難に・災害に対する意識を再確認



東京周辺部では、「関東大震災」を思い浮かべる方が多いと想います。

もう何年も前から、「いつ来てもおかしくない」といわれています。


相模湾周辺域を震源とするような地震と、最近言われている首都直下を震源とする地震が想定されています。

そして、忘れもしない 311・・・「東日本大震災」

日本という国は、色々な部分で本当に不思議な国です。

信仰においても、世界的にも稀な「八百万の神」「自然崇拝」

あらゆるものに「神」が宿ると考える国としての歴史があります。

地震でいえば、幾つもの地盤、プレートが重なり合うという、稀な「超地震多発国」


・・・そのお蔭で、地震に強い建築技術もありますけれど・・・

災害は、いつやって来るか誰にもわかりません。

とくに「地震予知」の分野では、様々な情報が錯綜しているのが現状でしょう。

・・・自然には敵わないのですね。

311・・・東日本大震災では、日本中が揺れました。

その被害は凄まじく、未だ復興に向けての活動が続いていることも現実です。

ただ怖がるだけでなく、やはり想定し、備えることは重要だと想います。

教訓は、生かさなければなりません。

ただの「話題」で終わりにしてはならないと想うのです。


また、「311」が近づいてきます・・・

地鳴りを感じ、不安になるだけでなく、今の地鳴りの現状をキッカケにして備えましょう。

毎日、何度となく地震が起きている国が「日本」ですから・・・


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。